Please do not disappear.

思いやりの気持ちをすこし忘れていたかもしれない。

誰にでもやさしくはできないけども。

ながい時間「想いやって」きたんだ、これからも「想いやって」いこう。

これには強い気持ちが必要。自分自身が折れないように。

形はかわるかもしれないけど想いを変えることはないのではないのと誰かが云う。

「そう簡単に云うけどさ」と誰かが云う。

何度折れそうになって、折れて笑って元にもどしてきたか数えきれない。

「居てもらわなきゃ困るんだよ」と遠くで聴こえる。

私の声か、誰かの声か。たくさんの声か。
誰かが誰かに云って、それが広がり幾重にもなって組曲になる。

「あなたが居ないと困るんだ」


ある日、20代のワタシは渋谷の交差点で、じぶんの部屋で、

消えてしまいそうなその存在を思って

「あなたが居なくなったらどうしよう。あなたが居ないと困るんだ」

と心の中で、ぽっと火が灯るように小さく叫んだ。


そしてあなたは居なくなることなく、ずっと灯火を絶やさないように賢明にそばにいる。


Billy Joel 

Just The Way You Are (Audio)

http://youtu.be/HaA3YZ6QdJU


Cliff Bennet & The Rebel Rousers

Got to get you into my life 1966

http://youtu.be/vnfl3gNRoK8



















[PR]
# by mooon-s | 2014-01-09 21:47 |

よっちのシャツ完成

d0121987_221349.jpg

[PR]
# by mooon-s | 2013-11-04 22:01 | ちょっとぉイイ話ぃ

ヨッチのシャツ

明日は所用で出かけるので休みを取った。
なので夜更かししてミキさんの息子ちゃんのシャツ作っております。
今回はなかなかのペースで進んでる。
しかし、眠い。そろそろやばくなってきました。

襟ぐりのしつけまでは行きたいなー。
[PR]
# by mooon-s | 2013-10-16 04:05 | おひまなら来てよね

しあわせっていう風景

なんというかね、しあわせそうなほのぼのしたブログを見てて、この奥さんかわいい人だなぁと思って見てたんだけど。

ないんだ、私にはこの要素が。ほわーんと柔らかい女性らしい雰囲気。トゲトゲしてる、私。と思って(笑)

この旦那様がステキな人で、私の希望のひかりってくらい、中身がステキな人なんだけど。
こういう人にはやーく会いたかったわって思うくらい、人間的に素晴らしいんだけど。

あたしには、こんな家族の生活ができる気がしなくって。
そう思っちゃう自分に哀しいなーとよく思うんだけど。(泣きたくなるくらい思う。笑)

たぶん、私にはこのしあわせ感が、たぶんちょっと心地よく思えない時があるだろうと思う。
素直に喜べないんだろうなっていう。
いつから、こうなっちゃったんだろう?とじぶんでも思うけど。

とんがってるなー、私。かわいい女になりたかった。本気で。(笑)
しかし、おかげさまで楽しく暮らしてるな。困ったもんだ。
[PR]
# by mooon-s | 2013-10-14 22:13 | ちょっとぉイイ話ぃ

音楽ちゃん

やっぱり楽器の音がちゃんと聴けるのが、いい。

楽しい。


今日は限界。作業おわり。もうねまぁす。
[PR]
# by mooon-s | 2013-10-13 01:33 | おひまなら来てよね

ようこの息子ちゃんのだよ

d0121987_14752.jpg


d0121987_142917.jpg

[PR]
# by mooon-s | 2013-10-13 01:05 | おひまなら来てよね

やはり

女性ってもんは、かっこつけててほしいの、男性に。

色気と品性とほんの少しの気づかい。
大袈裟なのいらないから。
ちょっとでいいから。

だから、気づかいない質問とかしないでーって思う。

男らしさって、そういうもの。
それがあったら、少しくらい中二でも許す。
[PR]
# by mooon-s | 2013-10-12 21:17 | おひまなら来てよね

2度目のくぼみ

今日はまた、ポッカリ穴が空いた。せっかく落ち着いてきたと思ったら。
なんでこうなるんだか、まったくよくわからない。
誰のせいでもないのよ、心配しないでね。
たぶん、ずーっと長い間、ガマンしてる糸がふっと緩むとこうなる。
がまん限界になると、ぴっと張り詰めて固めてたものがね。。。
ここ1週間だんだんなおってきて気分よかったけど。またきた。
ぐーっとみぞおち辺りがちょっとね。
自分が原因だからしょうがない。自分のせい。
そのうち治る。女は強いから。
基本、楽天家だし。岡村ちゃんのDVD見れば治るから。
[PR]
# by mooon-s | 2013-10-11 21:49 | おひまなら来てよね

Tomoko's dress

d0121987_151249.jpg

[PR]
# by mooon-s | 2013-09-01 01:06 | おひまなら来てよね

セイちゃんのシャツ

まだ途中ですが。。。
ともこファミリーの次にじんべい作る。
待っててね。



d0121987_23235534.jpg

tomoko family
[PR]
# by mooon-s | 2013-06-19 22:53 | おひまなら来てよね

p(´⌒`q)

イヤな気分で目覚めてしまった。。。
外は嵐だなぁ。。。
気分悪い目覚めだなぁ。もう。





「その人とアナタとどちらがイケてると思いますか?ボクはアナタだと思いますよ」と岡村ちゃんに言ってもらいたい。
[PR]
# by mooon-s | 2013-06-19 07:14 | おひまなら来てよね

ベビー甚平できた(・o・)ノ

d0121987_05536.jpg


d0121987_0582340.jpg


好評だよー。
[PR]
# by mooon-s | 2012-07-22 17:18 | おひまなら来てよね

ベビー甚平

ジンベイ、製作中。
友だちの息子ちゃんのジンベイ。
ベビー服って、ホントにかわいい。
ちょっとニヤニヤしながら作っている。

型紙写したあとの紙とえんぴつの質感が好きだなぁと思いつつ。。。
[PR]
# by mooon-s | 2012-06-04 16:59 | おひまなら来てよね

鳥のこえが聞こえる

こんな時間まで、ぐるぐる浮かんでは消えの繰り返し。

あきれた顔して。
そうだろうけど。

どうしたらいいかを考えていても、いっこうに答えは出てこない。

どうしたいかはわかるのだけど。

あきれた顔が浮かぶ。
そりゃそうだろうけど。

今日は、ずっと忙しかった仕事の打ち上げしようと女子の食事会。
笑って、疲れも飛んで行って、楽しくてはしゃいで。

昨日も楽しくてはしゃいで。

楽しかったんだよ。

さて朝がくる
サヨナラしない
おはよう

そして、おやすみ
[PR]
# by mooon-s | 2012-06-03 03:54 | おひまなら来てよね

灯火が消えるとき

扁桃腺が腫れている。風邪なのかな。

また、ひとつ大事な存在がこの世界を離れていった。
わたしにとっては、かけがえのない大切な存在だった。それは猫という。
この存在は今のわたしには、大きな大きなものだった。

カラダっていう器から出て行ってしまうことは、それほど悲しいことではなくてむしろ自由になることだから、辛いこととは思わない。
この世界に縛られているより楽なんだろうと思っている。
ただ、つい昨日までそこにいた存在が全くなくなってしまうという現実が寂しくて仕方がない。

パタパタと爪の音を響かせてくれることもない
ソファの上から丸くなって、こちらを見ることもない
白湯をちょーだいと鳴くこともない
私の足に体をすり寄せて、マオんと鳴くこともない
デスクランプの下で暖をとる姿もない
顎の下を撫でることもできない
一緒に寝ることも

カラダから出ていってしまっても、背中合わせ隣合わせの世界にいるのに、カラダがないことで体温や感触が感じられない、このことの寂しさ。
一緒にいることは、かけがえのない時間。
ここ最近、無意識になるべくは猫と過ごそうとしていたのは、何となくその時間の儚さを感じていたからだと思う。

何気ない毎日の中にこそ、かけがえのない対話があるんだ。
寝て、起きて、食事をして、排泄して、お風呂に入って、歯をみがいて寝る。
そのなかに猫がいた。

たくさんのたくさんのたくさんの温もりをくれた。
だいすきだよ、ずっとそばにいる。
[PR]
# by mooon-s | 2012-03-18 01:06 |

つくる

休日はめっきり家に(または叔母の家)で過ごすことが多くなった。
毎日の仕事が過酷なので、身体を休めるためと家事を済ませたいのと、つくることに時間をとりたいからだ。
たまに友達の家に行ったり、お茶したりはあるけれど、毎週出掛けるのは、少ししんどくなった。

猫と過ごす時間も取りたいし、何よりほとんど週末しかできない"つくる"時間をとりたい。
まとまった時間がないと落ち着いて作業ができないからだ。

都心にいたときは、自転車やモンキーで出歩いてばかりいたけど、そんな元気がどこにあったのかと思うようになった。
今では、買い物に行くのも半日、一日がかりだからよっぽどの予定がなければ、出て行くことはない。
ヒョイっと買い物とはいかないから。

でもこの間は、気に入ったものをいくつか買うことができた。
少し時間に余裕があって、のんびり見てあるくことができた。
一度そのお店でひとまわりして、少し別の店を回って、また戻って検討。
そうすると頭が整理されて、余分な買い物をしないで欲しかったものだけ買える。

そんなわけで、次回制作予定の材料を調達。
つくる。というと「んなことするなら、買った方が早いじゃん」と言われたことがあるけど、つくること、組立てることやどういう色がいいか、どんな分量がいいか考えるのが楽しいのだ。
もう少し細くとか、ちょっとレトロにとか。
できれば、こんなことに毎日時間をさいていたいけど、貧乏ヒマなし、そうはいかない。
生きていかなきゃいけないからね。

だいぶ時間はかかるけど、まとまったらページにしたいと思っている。
[PR]
# by mooon-s | 2012-02-08 00:22 | おひまなら来てよね

かわらない、かわらない

なんだか、わたしだけ時間が止まっているみたいに感じるときがある。
でも、久しぶりにここを読んだら、結構忘れていたことがあったり、時間は確実に進んでいるんだね。

大きく変わったような去年。かわらない部分とすすんでいる時間。

理想は遥か遠くに感じていても、求めなければそこに辿り着くことはできないのだ。
無理だと思えたとしても、そこに向かおうとしなければ、理想に近づくことはできないのだ。

この部屋から見える木々の向こうに見える朝日はきれいなんだよ。
日のひかりには、おだやかなチカラがある。
[PR]
# by mooon-s | 2012-01-23 02:30 | ちょっとぉイイ話ぃ

Moving

無事に引越ししまた。

まだまだ、バタバタなので落ち着いたらお知らせ送ります。
(・o・)ノ


今回は、結構気に入ったところです。

うーん、やっと人並みの生活という感じです。

では、また。
[PR]
# by mooon-s | 2011-05-27 18:47 | おひまなら来てよね

支援物資をよろしく

もともとは、寄付したりということにウトい人間だった、アタシは。
寄付しても、ほんとに困ってる人に届くのか?と信用してなかったのもある。(基本的に疑り深い。他人をあまり信用しない。仲良くなった人は別です)

そして、今回の大震災。

映像を見ると未だにコトバをなくして涙が出て来てしまう。それがなんでなのか、わからないです。正直。知っている人が大きな被害にあったわけではない。
けど、今までと明らかに違う感覚で見ていた。

港町を覆い尽くす津波。平野部の畑をのみ込んでいく濁流。
多くの人達の積み重ねた技術の結晶みたいな田畑がどんどん消されていく。
人間のつくった文明に、自然はもっと遠い存在と思っていたけど、それは幻想だった。

なんとなく、多くの人達の姿が思い浮かんだ。漁師や牧場を営む人、田畑を耕す人。
その人たちの技術があってこそ、私はおいしい食事を採ることができていたことに改めて気づかされた。

ニュースでは、世界中から義援金が集まったと言っている。貧しい国の、ほんとに貧しい国の子どもが日本のためにと、わずかな賃金から、お金を差し出す。
アタシの何分の一の収入か、この子の食事もほんの少しだと容易に想像できる。

でも、単に募金ってやっぱり信用できない。どこかでかすめ取られているいる気がしてとか、いろいろ理屈をこねてるジブンもなんだか情けない気になったりしながら、でもただお金を出すだけじゃダメだろうと、思っていた。

そんな折、ソウルフラワーとCarnationのライブへ行って、その疑いが晴れてきた。
ちゃんと届けてくれる人へ託せばいい。(信用するとあっさり行動に出る)
安里屋ユンタを中川氏と歌いながら。そう思った。
その後、ちゃんとそういうところが見つかるもので、それが下記のプロジェクトだったり、ソウルフラワーの震災基金だったりする。

ソウルフラワー震災基金

ふんばろう東日本プロジェクト
“「ふんばろう東日本プロジェクト」とは物資が行き渡らない現状を打開するために、行政を介さずに、必要な物を必要な分必要な所へ無料で届ける画期的支援システムです(twitterより)”

-----

できる範囲で。長期になるから、無理せず、最初だけスパートかけて息切れしないように。

このプロジェクトだとダイレクトに届きます。ほんとに困ってる人にちゃんと届きます。
行政などの右往左往してる固い奴らを尻目に、こんなにフットワーク軽く支援して、自分も気分がいいし、なによりほんとに困っている人たちに喜んでもらえる。
お役所の文句言ってるより、動くが勝ち。
不平不満を言うよりも、進んで灯りをつけましょう。だな。





ちなみにこの場所は、たぶん陸前高田。ここは、町が壊滅。壊滅ってひとことで言ってしまうとわかりにくいけど、店も郵便局も役所ももちろんぜんぶない。品物を買いたくても買えない。仕事もない。家もないという人もいれば、1階は土砂・ヘドロに浸かってしまった家になんとか住んでたりもする。

あと、超かわいい中川氏の同居人(息子?似てる)※この写真と陸前高田はまったく関係ありません。
こんな子どもたちに、どうしようもない日本を残しちゃなるまい。
[PR]
# by mooon-s | 2011-04-11 23:17 | ちょっとぉイイ話ぃ

すこし歳をとった

30代前半が終わり、後半戦がはじまりました。

10代、20代。。。それぞれの10年間、前半戦はいつももがいて苦しいときだったように思う。
後半戦になると、いろんな出来事が大したことではなく過ぎた事だと、もがいたジブンを褒めてあげられるようになる。
そうなるまでに5年かかって、やっと落ち着いたころにまた前半戦がはじまりぐちゃぐちゃの“もがき”の時期がやってくる。

いまは、後半戦のはじまり。なにかあっても「ふん」と受けとれる少しだけ大きいジブンがいる。
(いや、多くの人に比べたら臆病でダラしない私です)

もう、朝まで遊びに行く事はできなくなって、のんびりする時間をなるべく持つようにしたいと思う人になった。
欲しいモノが決まっていないのに、ぶらぶらと買い物に出かけるなんて、もう何年していないだろう。

都会の雑然とした感じが好きで、いつまでも眠らない空気感が好きで、都心ばかりを好んで暮らしてきた。
千駄ヶ谷、代々木、初台。。。

千駄ヶ谷にいたころは、夜中でも自転車で走り回っていたものだ。
明治通りを抜け、渋谷を駆け抜け、青山を駆け上り下って、六本木に行く。
で、また青山墓地の方を抜けて千駄ヶ谷に戻るのだ。

20代のころは、そうして、ジブンの足りなさや弱さや、やるせなさをごまかし補おうとしていた。
それは、それで清々しかったし、朝帰りすれば、朝日がすべてを溶かして洗い流してくれていた。
世の中の垢をぜんぶきれいにして、1日がはじまっていた。

そんな事では何も解決していないことに、いつしか気づいて後悔したり笑ったり泣いたりしながら、時は過ぎていった。
都会の空気は今でも好きだ。でも、ここ初台では、都会の清々しさはあまり感じられない。
時代のせいかもしれない。私のアンテナが少しそっぽを向いたのかもしれない。

今は週に1度会うネコたちにエネルギーをもらっている。ネコが居れば、まともな人でいられる。
ネコのトイレを掃除して、エサを気にして、水が冷たいからと言ってはぬるいお湯を入れてやる。それだけで、なぜか落ち着く。

春がそこまで近づいてきている、この時期に引っ越すことになりそうです。
都心からは離れ、空ばかりが広がるセカイの果てに。それはウソで東京だけどさ。
でも、ほんとに何も無いような、空ばかりが見えるようなところ。

時間のゆとりと空間を大事にしようと思った。
それから、20代のころから考えていた私の不安をひとつ越えるために。

ひとつ越えては、また波はやってくるだろう。
漕ぎだしてしまえば、大したことではないものを、漕ぎだすまでには時間がかかった。
準備する、そのための十数年だったのかもしれない。

そろそろだなと、誰かがいった。今がいい時だ。
そうかもしれない。もう今じゃないとね。と私も思った。

誰が決めたのでもない。ジブンで決めたこと。それを果たせなければ、ずっとつらい気持ちから抜け出すことはないだろうと思っていた。

それを果たせるかどうかは、正直わからない。
怒りもせず、泣く事もなく、淡々と越えていけるのだろうか?
それは、誰にもわからない。

ただ、はじめてしまえば、なぁんだ大した事ではなかったな、と思えるような気もする。

そして、これを越えて、もっと歳をとって強くなったなら、またこの喧騒の中を走り回ろう。
真夜中の東京を。


[PR]
# by mooon-s | 2011-03-08 23:51 | おひまなら来てよね

Life is beautifull

流星をずっと聴いていた。
[PR]
# by mooon-s | 2011-01-13 01:49 |

Great 3 - Oh Baby Plus (PV)

あけましておめでとうございます。

年越しは、テクノで閉めてみました。いかがでしたでしょうか?
お正月はPerfumeを見過ぎました。

なので、Great 3で年明けです。
この曲の音と歌詞が切なくて、胸を締めつけられたことが多々ありました。
アニメーションに乗ってると、その切なさはわからないかと思いますが。。。
機会があれば、サルのようにヘッドフォンでお聞きください。

よい年でありますように。。。

友人のアホ夫婦がアメーバピグなんてものをやってると言うので、参戦している次第です。
ジブンのキャラがかわいいです。わはは(●´∀`●)/

P.S.テクノのライブはバンドマンが一人もいないのですね。
今さらですが、結構カルチャーショックでした。
(だって幸宏さんドラム叩いてるし、細野さんだってベース弾いてますもの。驚きです。)





[PR]
# by mooon-s | 2011-01-06 01:12 |

Supergrass - Alright (Live at Glastonbury 2004)


[PR]
# by mooon-s | 2010-12-30 13:10 |

Supergrass - Diamond Hoo Ha Man


[PR]
# by mooon-s | 2010-12-30 13:09 |

The Shangri-Las - Out In The Streets (Shindig! 1965)

I Love Shangri-Las.


[PR]
# by mooon-s | 2010-12-30 03:37 |

Stand by me

Y e s.

[PR]
# by mooon-s | 2010-12-30 03:24 |

The 5.6.7.8 s - I'm Blue

@&7?op!?wc%$!!!!!


[PR]
# by mooon-s | 2010-12-30 02:55 |

しあわせのカタチ

私のある知人は、しあわせを絵に描いたような人生を歩んでいる。

その人は女の人なんだけど、自分の願いはだいたい叶っているように見える。

少なくとも、私には。

やさしそうな両親のもとに産まれ、大事に育てられ、自分のやりたかった仕事について、これまたやさしそうな彼と結婚して、仕事も続けている。

端からみたら、なんら申し分ないしあわせな人生。
もちろん、彼女なりに努力をしている結果なのだろう。
しかし、努力しても変えられないことがある。

誰もが普通の、何不自由ない家庭に産まれる訳もないし、いろんな理由でやりたかった仕事ができない場合もある。

それは、人それぞれ。

ただ、私は、その彼女を見て、自分もそうありたいとかは思わないのですよ。

あれは、彼女の人生。
私には、あてはまらない。

彼女のしあわせは、そりゃぁ、心からよかったね、これからもしあわせであれ、と思う。

でも、ああなりたいとは、思わないの。なぜか。うらやましいとも思わない。

何か、物足りない感じがしてしまうのです。

その中には、私の望むものは、何もなく空っぽな気がしてしまう。

私が共鳴するなにかがないからなぁ。
「違うセカイ」のおとぎ話でしかないのです。

お姫さまより、ちょっと味のある人の方が、アタシには、うったえてくるものがあるのですよ。

みんな、しあわせであれ。
[PR]
# by mooon-s | 2010-12-11 20:22 | おひまなら来てよね

めんどくさいな

めんどくさいのですよ。

ウチのムスコのヨメにこい。的な話。。。親戚のおばさん。。。田舎の。。。
結婚が唯一のしあわせだと思ってる的な。

いろいろいろいろ理由を言って、お断りしました。

もしかしたら、好きな人いるかも?とか、好きなことしてた方が楽しいだろうしね。とか思わないのかなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

けっこんすれば、苦労しないよ的な、楽になるよ的な売り込み。ウソツキじゃん、すでに。そこで。(ぷぷ。)

アタシの何をわかってるというのかな?ロック好きなのに?
地味に見られガチなんですけど。そんないいヨメちゃんになんかならないよ。

よーーーっぽど好きなひとじゃなきゃ、けっこんなんかしなぁーいと、言いたい。30代。

ア、ア、生きてくのがめんどくさいでーす。この世の中。大昔よりはいいけど。
タイちゃんとティムは気の毒そうに、アタシを見てた(ような気がした)

ネコになりたいよ、まったく。
[PR]
# by mooon-s | 2010-11-01 22:51 | おひまなら来てよね

そこにある感触

ひさしぶりに、今日、いま、想いだしたんです。

わたしが非常にジブンの中で重きにおいていたこと。

去年の9月以降、わたしはこの部分を少しずつすり減らしていました。いま気づいた。
この日本で、セカイで生きていく上では、これはまったく必要とされない。

でもわたしの中では、重要で、なくてはならないもの。
それを大事だと、声を大にしている大人がいた。

それだけで、今日はうれしい。

「ことばの幹と根は沈黙である」吉本隆明氏が言ったことだそうです。

ことばなくして感じる、得ることの重要性。

このことの大きさをわたしは、わかっているんです。

ある日、ある絵画の前で動けなかったこと。そのことを想いだし泣いたこと。
ある人のまなざしに、その人の気持ちを感じ取ったこと。
ある歌声にみぞおちが軋んだこと。
ある楽器の音色に安らぎを感じたこと。
ねこの温もりにササクレタ気持ちを癒してもらったこと。
朝日の映し出す光と陰に、なによりも曇りのないクリアなチカラを感じたこと。

重要なのは、想いや温もりや、やさしさや切なさ、そういったこころの機微。

社会に合わせようとしていたわたしは、骨抜きになりそうでした。
社会は、わたしにとっては無駄なモノで溢れかえっています。

さて、ぶれないようにここにいよう。
急いで進むことはない。
ここにいればいい。
[PR]
# by mooon-s | 2010-10-19 23:31 | ちょっとぉイイ話ぃ